求人サイトのデメリット

自分で企業とのやりとりをしなければならない

転職サイトを活用する場合、企業への応募や面接の日程調整、入社が決まった場合は給与交渉などさまざまなやりとりを一人で完結しなければなりません。特に仕事や私生活で忙しくしている場合はわずらわしくかんじることもあります。また、転職活動が思うようにうまくいかないと誰かに相談したり、改善点をアドバイスしてもらいたくなることもあるかと思います。転職サイトによってはそのようなサービスを行なっているものもありますが希望者が多いため、早急な対応を期待するのは難しいと言えるでしょう。また、面接に至った場合、入社に際しての給与交渉や条件面談も一人でやることになります。このように、一人で行う作業が多くなるのがデメリットといえます。

非公開求人を知ることができない

非公開求人とは、企業がWebサイトや転職サイトに公開せず、人材紹介会社の転職エージェントなどに依頼して密かに出している求人のことをいいます。企業には、「新しいプロジェクトを立ち上げたいので、専門的な知識を持った人材が欲しい」などの希望があり、「それを求人に書くのはためらわれるし、それなら人材紹介会社で自社にあった人材がいれば紹介してもらいたい」ということから、このような方法をとっています。人材紹介会社を通した求人のみにしか出てこないので、転職サイトを回っているだけではこのような求人に出会うことができません。もしも、自分にピッタリな求人があっても閲覧すらできないということが転職サイトを使うデメリットです。