求人専門の紙媒体のメリット

求人情報を提供する媒体の種類

求人媒体は、大きく分けて民間が運営するインターネットの求人サイトと、民間が出版する求人専門誌とフリーペーパーや新聞の折り込みチラシなどの紙媒体の他にも、店舗が直接張り紙をして募集する場合があります。また公共機関ではハローワークが運営するサイトがあり、企業から寄せられた求人情報を掲載しています。このハローワークは地域ごとに事務所もあって、そこでも情報システムを利用して求人情報を閲覧したり、窓口で求人に関する相談も受け付けています。インターネットはエリアを問わず不特定多数の人に広く求人の告知ができ、人材を募集できます。求人専門誌は発行部数とエリアが限定され、新聞の折り込みチラシは更に狭い地域で重点的に募集することができます。

求人専門の紙媒体によるメリットとは

インターネットを利用する求人では、多くの情報を取り扱えて広い地域に対して募集することができ、今すぐ応募したい人だけでなく、まだ転職は考えていない潜在的応募者の目に触れる可能性もあるというメリットがあります。一方求人専門の紙媒体は専門誌やフリーペーパーなど、特定の読者層に直接働きかけることができるメリットがあります。しかも求人専門誌を自分から直接手に取るので、応募してくる人材はやる気の高さが違います。また専門誌も事務系や肉体作業系など分野ごとに強みがあり、地域性や読者層の事も考えて何に掲載すればより効率的に求人できるかを考える必要があります。特に外資系の転職の場合、求人と人材確保のコストパフォーマンスが利益管理上厳しいです。インターネットと違って紙媒体は発行部数に限りがあるので、専門誌の強みをよく理解して求人情報を掲載することが大事です。