求人専門の紙媒体のデメリット

情報量が限定的であるということ

外資系企業に転職しようとする場合に利用できる情報源には様々なものがありますが、そのうちの一つが求人誌に代表される紙媒体です。紙媒体には情報を網羅的に見ることができるというメリットも多くありますが、それだけでなくデメリットもあります。まず一つ目のデメリットは、紙面が限られているがゆえに情報量に限界があるということです。紙媒体はどうしても情報を掲載することができるスペースに限りがあるため、いくらボリュームのあるものであったとしても、インターネット上の求人情報サイトと比べると情報量で見劣りしてしまいます。もちろん、掲載されている求人情報の中にも好条件のものはたくさんありますが、そこに載っているものがすべてではないという点に留意する必要があります。

最新の情報ではない可能性があること

外資系転職時に利用することができる紙媒体の情報源のデメリットの二つ目は、情報が紙に記載されているがゆえに、タイムリーに更新することが難しく、手元にある媒体に載っている情報が最新のものではない可能性があるということです。インターネットの求人サイトであれば、求人情報が更新されたり、新たな求人情報が追加されたような場合には、入力すれば即座にその内容が反映されるわけですが、紙媒体の場合には印刷して世間に出回っている旧版と差し替えない限り古い情報が残り続けることになります。そのため、紙媒体を利用する場合には、そこに掲載されている求人情報が最新のものであるかどうかを刊行日などを見ることでしっかりとチェックすることが重要です。